ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』、タランティーノが用意した秀逸な結末。 | Vogue Japan

クエンティン・タランティーノ監督 米・英 2019 ☆☆☆☆

60年代のハリウッド。かつて何作もの西部劇で主演を飾ったリック・ダルトン(ディカプリオ)だったが最近は若手におされ、焦りを感じている。彼の付き人兼専属スタント・マンでいつも行動を共にしているクリフ・ブース(ブラピ)も、同様に冴えない日々を送っている。

ある日、シエロ・ドライブにあるリック邸の隣家に今をときめくロマン・ポランスキー監督とシャロン・テート夫妻が引っ越してくる。

 

何の前情報も見ておらず、タイトルから勝手に「タランティーノも大人になって往年のハリウッドなどを情感豊かに描くようになったか、、」などと思っていたが見終えてみれば全然、やっぱりタランティーノタランティーノだった。かつての西部劇時代へのリスペクトたっぷりに、ディカプリオとブラピという豪華すぎる素材でいつも通り遊んでいるような作品。

特にブラピ演じるクリフの、何事にも動じず飄々としながらも、いつ爆発するか判らないヤバい雰囲気が最高。全体にのんびりした断片的なエピソードの羅列のような本作だが、彼の雰囲気が終始一貫した緊張感を映画にもたらしている。

西部劇が段々下火になっていく一方でヒッピー文化が台頭する時代の雰囲気や、シャロン・テート事件、マンソンファミリーなどのネタ元が判る程度の知識があった方が味わい深いのは確かだが、そのあたり知らずともこのタランティーノ流儀なB級感がいけるならば充分楽しめるだろう。ただ上にも「断片的にエピソードの羅列」と書いた様に、特に往年の有名タランティーノ作品と比較すると本作は良くも悪くもダラダラしているので、そういったスピード感や巧妙な伏線回収なんかを期待している人にはやや肩すかしかもしれない。

ところで、中盤にシャロン・テートマーゴット・ロビー)が自身の出演作を映画館に見に行く一連のシーンがあるが、ここでのシャロンの描かれ方、可愛すぎ。で、だからこそクライマックスはハラハラするが、色んな意味で流石タランティーノな決着。最高のオチだった。

タランティーノシャロン・テートが好きで、そしてブルース・リーはあんまり良く思っていないのかもしれない。そんな作品。何となくだけど夏に観るのが良いと思う。

帰ってきたヒトラー

帰ってきたヒトラー : 作品情報 - 映画.com

ダーヴィト・ヴネント監督 2015 ドイツ ☆☆☆☆

かなり社会性の強いコメディ兼ドキュメンタリー。見る前からブラックなものだとは思っていたが、特にオチはブラック通り越して恐ろしい。原作小説は未読。

結果を出せず局をクビになったTVディレクターのザヴァツキは偶然目の前にタイムスリップしてきたヒトラー本人をモノマネ芸人だと思い込み、彼を使った企画で起死回生を目論む。

偶然タイムスリップしてくるという荒唐無稽で強引な出発点から始まるが、現代ドイツやひいては現代世界全体への鋭い風刺に満ちている。本作は脚本と役者ありきの劇映画部分と、ヒトラーに扮した主人公を実際に町中に放って人々の反応を伺うようなドキュメンタリーパートを織り交ぜた作りだが、どんな悪夢も70年も経てばすでに過去の歴史となっており、ベルリンの町をヒトラーそっくりの男が歩いていても大抵の人は、インスタのネタになりそうな有名人の面白コスプレ程度にしか思っていない。中盤で誰かが言う「昔ナチスが台頭し始めた時も、最初は皆笑っていた」という台詞が耳に残る。

ウィキによると完全に意図的なものらしいが本作ではヒトラーの人種差別主義や独裁者的なわかりやすく悪者然とした部分はあまり描いておらず、むしろ演説のうまさや周囲の機運を即座に把握し自身のアピールに利用していくような能力の高さを押し出している。何しろ彼のやったことに関してとりあえず知識としては世界中で周知の事実なわけで、だから今作では普段はまず語られる事の少ないヒトラーの能力や人となりの魅力みたいなものにあえてフォーカスすることで、劇中のヒトラーの造形により厚みと説得力が加わっている。コメディの皮を借りて、かなり際どい挑戦をしていると思う。

「私を殺すことは出来ない。私は皆の中にいる」というストレートなメッセージ。全くその通りだと思わざるを得ない。ラストシーンも非常に印象的。

泣き虫しょったんの奇跡

泣き虫しょったんの奇跡 : 作品情報 - 映画.com

豊田利晃監督 日本 2018 ☆☆☆☆

自身も十代の頃は奨励会に入って棋士を目指していたという豊田監督が、特例でアマからプロ入りを果たした瀬川晶司のノンフィクション小説を映画化したもの。久しぶりの豊田監督&松田龍平。板尾や新井浩文をはじめ、過去の豊田組がカメオも含め結構出ていて、お得感がある。

子供の頃から将棋が好きで強かった瀬川晶司ことしょったんはやがて奨励会に入り、仲間を見つけ切磋琢磨するが、プロになれないままやがて26歳という年齢制限に達する。唯一の目標を失いしばらく抜け殻のような生活をするがその後大学に入り、就職する。その間将棋からは離れていたが、自身の夢に寛大であった父の死をきっかけにアマとして再度将棋に触れ、子供の頃感じていた将棋を指すことの喜びを思い出す。そうこうする内、アマながらプロにも高い勝率を保ち続けるしょったんに思いがけないチャンスが訪れる。

一度挫折してやさぐれた主人公が周囲に支えられ、再び情熱を取り戻し挑戦するという王道なのだが、不覚にも最後の勝負ではうるっとしてしまった。豊田監督の映像が持つ独特の、間延びしてるんだか緊張してるんだかよく分からない雰囲気と、将棋という見た目には地味ながら内容は非常にシビアな勝負の世界がうまく調和していて、次々と自分や仲間達の挫折が描かれていくというダウナーな内容ながら映像的にはのんびりした雰囲気の中、クライマックスでは緊張感からのカタルシスがきっちり溢れだすという手堅い作り。特にラストのプロ昇段を賭けた戦いの場面では、ベタだなあと思いつつ深く感動してしまった。音楽の使い方や雰囲気もまんま「青い春」とか「ナイン・ソウルズ」の頃のようで、近過去が舞台である本作にばっちりはまっていた。

豊田監督って映像自体に凝った工夫や仕掛けをするタイプじゃないけど、独特のテンポ感や効果的なアップの挿入など、あとは音楽の使い方に非常に特徴があると思う。

全体に地味なのは否めないが豊田風味の出汁が滋味豊かに効いている良作。ライバルや否定者はいるものの、本当の意味で嫌なヤツは一人も出てこないのも逆にリアルな感じで好感。

美しい夜、残酷な朝

美しい夜、残酷な朝(スリー・モンスター 쓰리 몬스터)』 : あるびん・いむのピリ日記

パク・チャヌク 三池崇史 フルーツ・チャン 韓国・日本・香港 2004 ☆☆☆

 著名な三監督によるホラー・オムニバス。一作当たりのランタイムは45分程度。

三池監督のものだけやや毛色が違うが、他の二監督による作は非常にパワフルなサイコ且つグロテスクなもので、またどちらも非常に耽美的な趣向強く、自分はこの二作が良かった。特に三作目のフルーツ・チャンによる「餃子」は画面の色使いや悪趣味な口元のアップなど、期待していた通りの雰囲気に満足。(とはいえフルーツ・チャン作品って他には「ハリウッド・ホンコン」しか見たことがないけれど。でもあの、エログロも猥雑もひたすら豪快に飲み込んでいく中国下町のパワフルさみたいなものは非常に好みで、そして今回観た「餃子」にもやっぱり同種の爽快さを感じた)

パク・チャヌクの一作目は一つの室内に4人のキャストを配しそこだけで物語が進んでいく舞台劇みたいな感じなのだが、低予算を逆手に取ったような上手い作りでピアノに縛り付けられている奥様のビジュアルがまず最高だし、オチも割合はっきり付いていて軽快。そしてパク・チャヌクといえばやはり、この短篇でも「復讐」がきっちり物語に埋め込まれているのも流石の趣向だった。

 

三池崇史のものは90年代辺りによくあった邦画の悪いところが凝縮されているようで、ただそれはそれで懐かしさもあって悪くはなかったのだけど、あの雰囲気のお話でさらに渡部篤郎をだされると、どうしても相方は中谷美紀じゃないと、何だか弱く感じてしまう。長谷川京子は勿論美人だけれど、どうにも存在感が「陽」に思えてしまうような。というか正直に言うと、観ている間どうしても最近のミラクルヒカルによる長谷川京子YouTubeのモノマネが脳裏にちらついてしまい、、

ただ劇中で長谷川京子が暮らしていた寒々としたコンクリ打ちっ放しの一室、廃ビルのようなマンション。あのような雰囲気の部屋には未だに非常に憧れがある。全体にブルーグレーみたいな、ハマスホイの絵のような雰囲気。

というわけで三池監督による第二話では、あの建物が優勝。次点で篤郎の怪人メイク。

 

三作とも、なんだかんだ楽しく観た。

草原の実験

Amazon | 草原の実験 【プレミアム版】 [DVD] | 映画

アレクサンドル・コット監督 ロシア 2014 ☆☆☆☆

台詞の無い映画。羽根で埋め尽くされた廃屋の中に佇むテーブルだけが映る最初の場面からこれは傑作だろうなと予想したが、想像通りだった。「サクリファイス」の遺伝子がそこかしこに散見されるのも嬉しい。

見渡す限りの草原に佇む一軒家。地の果てのようなその場所で父と二人で慎ましく暮らす少女の生活に、訪れた小さな恋の予感。しかし嵐の夜をきっかけに、何かが変わっていく。

異様に存在感のある主人公の少女を中心として、全てのカット・構図が美しい。また一切の台詞、というか言葉が無い事が浮世離れした美しさをさらに加速させ、且つ背中合わせの緊張感をも常に画面に供給する。そして静かで清潔な箱庭は、いつだって決定的な終わりの気配を予め含んでいる。衣装から小道具から細部の演出含め一つも空回っている感じがない。

最後のオチが安直で具体的にすぎるという人もいるけども個人的には、それまでにいわば繊細なフリを丁寧に積み重ねているからこそ、あのラストの大味で単純な暴力性が際立つのだと思う。

そして小さなものを丁寧に描く事だけが、この巨大で複雑な世界を広く射程に収めることができる。そんなことを改めて確信した一作。

 

残穢 住んではいけない部屋

竹内結子&橋本愛、クリスマスにいい思い出なし? 『残穢』スペシャルトークライブ 2枚目の写真・画像 | cinemacafe.net

中村義洋監督 2015 日本 ☆☆☆☆

原作小説は未読。ホラーは必ず部屋の照明を暗くし、1人で見る。なんらかの扉、戸棚などを少しだけ開けておくと尚良い。隙間って、なんであんな怖いのだろう。

竹内結子演じる心霊など実は全然信じていないホラー作家が、私の住んでいる部屋がおかしいという女子大生からの連絡を受ける。色んな人を巻き込みながらその部屋の呪いの起源を調査するうち、土地も時代もどんどん遡っていくという話。呪いが呪いを生みどんどん拡大していくというリング系の呪詛伝播もので、呪い自体はその起源も含めて余りヒネりも無いためプロット的な怖さでいうと物足りないものはあるが、全体に下品な驚かしが少ない、上品な演出でまとめてあり、総合的には非常に楽しかった。

ホラーは、どんなにプロットが良くてもデカい音とか突然顔がバーン!みたいな驚かしを多用されると、怖さとは別の所で見てるのが辛いので興ざめしてしまう。

本当、電灯がチカチカするとか、何かがこすれる音がするとか、所謂ショック的おどろかしはその程度にとどめ、あとは脚本や演出の妙で恐怖させて欲しいものだ。おばけドーン!も、一箇所くらいならありかもしれないが。

もっとも本作も、終盤幾つかのシーンではややずっこけな展開がある。中でもある廃屋に乗り込んでいくのに、わざわざ夜中に懐中電灯で入って行くのは流石に昼間行けよとのツッコミ待ちとしか思えなかったが、それも含めて全体的には全然愛せる仕上がり。

竹内結子はめちゃくちゃに綺麗だし、平山夢明を演じている佐々木蔵之介の切れるけど変わり者っていう佇まいも堪能。地味だけど丁寧に作られた良作。

メッセージ

メッセージ : 作品情報 - 映画.com

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督 2016 アメリカ ☆☆☆☆

「三体」を読んで久々にSF熱が高まり、以前から興味のあった本作を観賞。

娘を若くして失った女性言語学者が、ある時世界中に突如出現した十二の宇宙船の一つに向かい、接触を試みる。彼らの目的は何なのか。

非常に静謐な、ほとんど哲学的といってもいいくらいの作りで非常に好みだった。主人公の個人的な命運や感情と、地球社会全体を揺るがしている宇宙人とのコンタクトが「時間」というキーワードのもと、やがて不可分な一つの物語として鮮やかに統合されていく様は染み入るように感動した。と、こうして話のすじを書くと所謂セカイ系みたいな印象を受けるかもしれないが、感情的にベタついた演出や描写は一切なく、終始冷静でミステリアスなトーンが持続するのであくまでも終始クールな印象。反面、派手な展開やオチが好きな人には勧められない。

こんなにクールでクレバーな作品なのに、宇宙人が昔懐かしいタコ型なのもよい。墨で文字書くし。